アクセス解析で快適なサイトへ

惰性を捨てる

ホームページの運営にも慣れてきてそこそこ集客もできているという人は多くいるでしょう。
しかし成功の中にありながら、もしも何かが物足りないと感じる事があるならば、それはさらなる向上を目指す重大なチャンスです。

チャンスをものにするために取り得る手段はいくつかあります。
新しいコンテンツを増やすのも良いでしょう。
思い切ってサイトの改装をしてみる人もいるかもしれません。
それでもまだ何かができそうな気がすると少しでも可能性を感じるのであれば、アクセス解析の分析見直しをしてみると良いのではないでしょうか。

慣れれば慣れるほど、解析結果から得られる実態も軽く流して見てしまう事が多くなります。
今日もこれくらいの集客は保てたからまあ良いだろうと、それだけで安心してしまってはせっかくの解析結果も宝の持ち腐れと言うものです。

分かっているつもりでもよくよく見直してみれば、ユーザーの傾向がどこかの時点で変わっている事もあるかもしれません。
競合している似たようなサイトが何かしらの手を打てば、訪問者はそちらのサイトへと流れて行ってしまっているかもしれません。
自分のサイトに変化があれば、将来的な危機に対して何かを疑うきっかけにもなるのです。

慣れと言うものはある意味で一番怖いものであるとも言えます。
見慣れたアクセス解析結果に定着することなく、常に疑いと発見の目を持って分析に挑むことは大切です。
危機の予測に伴って、新たな発想へと繋がる事もあるでしょう。
アクセス解析の見直しで、惰性からの脱却を目指しましょう。